読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javascript で汎用カレンダ (2)

(このエントリは、前のエントリで紹介したカレンダを用いたインタラクティブな処理について解説しています。)
カレンダ上のユーザ操作に対する処理を記述するには、コールバックを使用します。
例えば、「ダブルクリックされた日付を表示する」には次のようにします:
function init(){
var c =new Calendar("my_calendar", "カレンダのテスト", document.body);
c.setPos(512, 128);
c.setClickCallback(myCallback); //コールバックを設定
c.show();
}
window.onload =init;
//コールバック関数
function myCallback(c, year, month, day){
alert(c.id + " => " + year + "/" + month + "/" + day);
return true;
}

担当: 成田 (求ム、バグ報告。)